流通量が多いかどうか

流通量が多いと取引がしやすい

世の中には数え切れないほど多くの仮想通貨があり、基本的にはそのどれに投資をするのも自由です。ただ、あまりにも流通量の少ない仮想通貨には、手を出さない方がいいと言われています。なぜなら、流通量が少ない仮想通貨は、取引をするのにも不便だからです。買いたい人と売りたい人が揃わなければ、売買が成立しないのは言うまでもないことです。流通量が少ないと、売買したいタイミングで相手が見つけられないこともなくはないのです。仮想通貨には元々大きなリスクが含まれています。それゆえ、むやみに流通量の少ないものを選択して、自分からさらに大きなリスクを抱え込む必要性は薄いです。流通量が多い通貨は情報も得やすく、万が一のときにもダメージを最小限に抑えやすいです。

使えるシーンが増える可能性も

流通量が多い仮想通貨なら、日本円やアメリカドルに変換せずに、仮想通貨をそのままの形で使うことも不可能ではありません。例えばネットショッピングでは、すでに一部の店舗で仮想通貨による支払いが可能となっています。実店舗でも仮想通貨による支払いを認めるところが増えてきました。このようにメジャーな仮想通貨なら、両替の手間も省くことができる場合があります。一方、流通量の少ないマイナーな仮想通貨ですが、これは基本的にお店で使うことはできません。将来的にできるようになるかもしれませんが、やはり人気の仮想通貨に比べると対応スピードは遅くなってしまいます。利便性という意味においても、流通量の多い仮想通貨を選んでおくのが無難です。